韓国の高校生と国際交流を行いました。

2019.01.30 News

上越市の友好都市である韓国浦項(ポハン)市の高校生23名が上越市を訪れ、1月29日(火)に本校生徒との交流を深めました。
歓迎セレモニーでは本校空手部の演舞や一般生徒によるダンス、そして剣道部の練習成果が披露されました。

本校の生徒と韓国の高校生とが2人1組になってプレゼント交換を行ったり、折り紙や文化の違いを話すなどそれぞれが充実した時間を過ごしました。

参加した生徒の声を紹介します。

「自分は隹汀鎬さんとペアを組んでいろいろな話をしました。最初の方は日本語をあまり使わない方がいいと思ったが,隹汀鎬さんはとても日本語が上手かった。聞いてみたら外国語として日本語の授業があるらしい。また,空手や剣道など日本のスポーツに興味があるらしく,剣道をいつかやってみたいと言っていた。普段何気なく剣道などを見ているが,国をまたいでみると,珍しかったり面白かったりするので,とてもいい経験になった。」

「韓国人の高校生と交流をしてみて,みんな日本が好きで,とても興味があると感じた。ペアになった人と話すのはとても緊張したし,自分が言っている日本語が通じなかったり,相手が何を言っているか分からないこともあって大変だった。だから,話が伝わった時はとても嬉しかった。日本のアニメでは「クレヨンしんちゃん」や「ハイキュー」が韓国でも人気だということがわかった。日常生活で外国人と関わることがないから,貴重な経験ができて楽しかった。もっと英語を勉強して外国人と会話ができるようになりたいと思った。」