主権者教育、消費者教育を行いました。

2018.10.31 News

主権者、消費者について深く学びました。

3年生は10月30日(火)に主権者教育と消費者教育を行いました。

1.2限に行った主権者教育では選挙の意義や、あり方について上越市選挙管理委員会・島田睦則氏からお話しをいただきました。また、投票の方法や期日前投票についても説明を受けました。
高校在学中に18歳になり、選挙権を持つ生徒もいます。
生徒も真剣に話を聞いていました。

また、3.4限には新潟県労働金庫高田支店の土橋哲也氏と児玉太祐氏を講師としてお招きし、生活の中で活かせる消費者としてのマネートラブルの防止についてお話ししていただきました。
今までは保護者の方が管理してくれていたお金を、これからは自分で行っていかなければいけません。
カードを作る際の注意点やネットで起こる問題など、これから社会に出るにあたり非常に参考になるお話しでした。
生徒も日常に潜むマネートラブルと隣りあわせだということをあらためて自覚できる機会になりました。