アメリカ留学にいってきます!

2018.07.06 News

留学に行ってきます。

2年3組の竹内音々さんがアメリカ・ミシガン州のマーケットへ留学します。
期間は平成30年8月から、約1年間です。

同じく8月からアメリカ・ミシガン州のマーケットから交換留学生として1名の生徒が関根学園高校にやって来ます。
2学期からの登校になります。今後、随時紹介していきます。


それでは、今回留学する竹内音々さんからのメッセージを紹介します。

「私は8月から1年間アメリカに留学します。
私は中学1年生の時に家族旅行でアメリカのフロリダにあるディズニーランドに行きました。その時、もっと海外の経験を増やしたいと思いました。
まだ『ホームステイ』、『留学』という言葉すら分からなかった私ですが、中学2年生の時に学校で配られた『ホームステイ募集』のプリントを見て興味を持ちました。
『ホームステイをしたい』という思いと、家族と離れることになるという不安から、悩んだ挙句、泣いてしまったという覚えがあります。
しかし、私は自分を変える第一歩だと思い、勇気を出して留学に行くことにしました。

その時のホームステイでは、他県の人たちと一緒でした。同い年くらいなのに私はとても人見知りで最初は自分から話しかけることができませんでした。しかし、自分なりに頑張ってコミュニーケーションをとり、友達をつくることができました。
また、英語が全く話せなかったので、ホームステイ先の家族ともあまり馴染むことができませんでした。
ホームステイを終え、私は英語を話せるようになりたいと強く思いました。
高校に入り、インターアクト部で留学ができると聞き、入部しました。その後、ホームステイについて親と相談し、最終的にはOKをしてもらいました。
留学までの手続きやオリエンテーションは大変でしたが、留学はいい経験になると思っています。
これから会話の基本になる中学生までの英語をきちんと頭に入れ、アメリカに行き、英語の能力とコミュニケーション能力をあげたいと考えています。
普段できない経験が出来るのは、親と支援してくださるロータリーの方々のお陰です。感謝の気持ちを持ち、留学に向けてより一層頑張っていきたいと思います。」